デジカメ女子カメラレッスン

カメラ女子のための一眼レフ、デジカメのコツと写真教室のレッスン紹介ブログです。

一眼レフみたいなコンデジ FUJIFILM X-S1 お試しレビュー<猫撮り編>

更新日:

パソコン&デジカメインストラクターのコンプルです。

前回の記事、一眼レフみたいなコンデジ FUJIFILM X-S1 お試しレビュー<ズームがすごい編>の続きです。

液晶はまっ平らまで動く

公式サイトでもなぜか全くアピールも記載もされていないのですが、液晶は前後のみ角度を変えられ、最大で90度倒すことができます。

この状態です。

バリアングル液晶の一眼ほどの可動域はないものの、猫撮り用途としてはかなり便利です。

それを活用して、猫の地面すれすれショットを。

シャッター無音もOK

高倍率ズームに次いで気に入ったのが、シャッター音を完全に無音にできるところです。カチッとも発しません。

これはコンデジならではですね。一眼レフは構造上、無音にすることができません。

一眼レフのシャッター音で猫に逃げられたことのある私としては、個人的にかなりポイントが高いです。

猫に気づかれないようにパシパシ撮るのには持って来いですよ!

スーパーマクロは最短1cm

これもコンデジならではで、広角でマクロモードにすればレンズの先から1cmまでピントが合います。

猫の鼻の毛までくっきり!ボケも作れていいですねー。

ファインダーはちょっと酔う

EVF(電子ビューファインダー・のぞき窓が液晶になっているもの)は、個人的にちょっと苦手です…。

一眼レフのような素通し映像ではなく、若干のタイムラグがあるのに加えて、このX-S1は手振れ補正時の映像がヌルヌルっとしつつカクカクした感じで動くので、ずっと見ているとちょっと酔います。

液晶画面を見ながらの撮影なら違和感は少なめでした。

ファインダーと液晶画面はアイセンサーで自動切り替えできるので、その点は使いやすいです。

撮影ついでにおっぴろげモフモフ。むしろモフモフのついでに撮影のような気も。

 

マニュアルなら月のクレーターも撮れる

前回、今回と掲載した写真は、ほとんどEXRオートで撮っています。

このオートがなかなか秀逸で、風景、マクロ、動体などをカメラが自動判別するので、昼間なら結構そのままでいろいろきれいに撮れちゃいます。

ですが、露出を目いっぱいマイナスにしても、月は明るく光った状態までにしか撮れませんでした。

そんな時はダイヤルをMで。
f8
1/1000秒
ISO 800

に設定し、最大望遠にした満月がこれです。

 

月部分だけだとこんな画質です。

さすがに一眼レフで撮った月面写真ほどの解像感はないものの、クレーターもわかる程度には撮れています。

X-S1はこんな人におすすめ

  • 一眼レフを使ってみたいけど、レンズの交換が面倒・何本も買う予算はない
  • 望遠レンズとかマクロレンズとか、良く分からない
  • 普通のコンデジよりはきれいに撮りたいけど、画質に強いこだわりはない
  • 1kgくらいのカメラの持ち歩きは耐えられる

私はなかなか気に入りましたよ!

↓Amazonで価格を見てみる

FUJIFILM デジタルカメラ X-S1 1200万画素 2/3型EXR-CMOS 広角24mm 光学26倍ズーム F FX-X-S1

 

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
東京都多摩市の女性個人レッスン教室は いつでも1回からレッスンOK!
女性のためのパソコンカメラ教室コンプルサポート


当ブログの更新通知を3通りでお送りしています。

Instagram・FBページにも「フォロー」「いいね」お待ちしております。
instagram
instagram



↓記事がお役に立った、おもしろかったら何かシェアしていただけるとうれしいです

-デジカメ紹介レビュー
-

Copyright© デジカメ女子カメラレッスン , 2018 All Rights Reserved.