[募集]4月30日 初心者限定 羽田空港飛行機カメラ教室

[構図のコツ]日の丸構図写真はダメ?

こちらのテキストからの話題を↓

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書
世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書

人物などが真ん中にただドーン!と写っている写真は「日の丸構図」と呼ばれ、あまりセンスのない写真の代名詞のように言われています。

真ん中でピントを合わせると、ついついそのまま撮ってしまいがちです。

でも、このテキストでは、
「絶対に日の丸構図が悪いわけではありません。
バランスを考えてあえてそこに置くなら、画面の中心や隅に主題を配置してもいいのです。」

と解説されています。

考えた上での日の丸構図なら、訴求力のある写真になりますよ、ということです。

と、いうわけで、電線と木の前ボケのバランスも考えて、おもしろカラス親子を日の丸構図で撮ってみました。

「かーちゃん、餌くれ」
日の丸構図のカラス
「はいよ、ほら」
日の丸構図のカラス

「ガブッ!」 
「あいたっ!かーちゃんのくちばしごと食うやつがあるかいっ!」

日の丸構図のカラス

4 COMMENTS

sara

わかる気がします~
色んな写真を撮る上で、
日の丸構図は避けがちだけど、
ワタシは例えば海に沈む夕日とか、
そういうのはバッチリ日の丸構図のほうが好きです。
思い通りの写真を撮るのはどうやっても難しいですけど(^▽^;)

hana

日の丸構図、どうしても避けてしまいますが
被写体、伝え方、バランスによって確かに
ありかなって思います。
参考になりました!!

インストラクターのコンプル

>saraさん
そうそう、あえてこれを主張したい!という被写体は、日の丸構図もいいですね。
いろいろ撮ってお好きなものを見つけてください(^-^)/

インストラクターのコンプル

>hanaさん
やぼったくもなりやすいので、難しい構図ではありますね。
是非、これこそ日の丸構図で!っていうのを探してください(^O^)/

現在コメントは受け付けておりません。