Photoshopが月980円!でも契約注意のAdobe CCフォトプラン

画像加工ソフトの定番と言えばアドビのフォトショップです。

「でも、お高いんでしょ?」

はい、昔は10万円近く出さないと使えないソフトでした。

しかし今は表題の通り「1ヶ月 980円(税別)」から使えます。

値上げが相次ぐCreative Cloudサブスクリプションの中でも低価格維持で頑張ってくれてるのはうれしいです。
しかし、気をつけないといけない難ありな注意点があります。

フォトプラン契約の欠点1 980円が見つけづらい

Photoshopが利用できるAdobeのプランは複数あり、選択を間違える方がいらっしゃいます。
980円(税込み1,078円)プランがどこにあるのかわからない、という方も。

まずここを開きます。

「無料で始める」で7日間無料体験を選択した場合は大丈夫なのですが、問題は「購入する」にした時。

Adobeフォトプランを購入する

2,178円がバーンと出てきて、1,078円は下のほうにあります。

高い方はクラウドストレージが1TBのプランです。そんな大容量は必要ない(もしくは良くわからない)方は「プランや価格の詳細」から…

Adobeフォトプランの契約

「20GB」を選択し直すと、確実に 1,078円/月(税込)が登場します。

Adobeフォトプラン980円の契約

初期設定が2,178円になっているので、初心者さんが知らずにそのまま契約してしまった例ありです。

ページによっては1,078円プランへのリンクがないことも。

AdobeCreativecloud

念のためAdobeにチャットで確認した時に僭越ながらもの申させていただきました。

Adobeとのチャット

フォトプラン契約の欠点2 解約金が高額

フォトプランは年間契約しかありません。

「でも私、月払いで契約してるからすぐ解約できるんですよね?」

…残念ですが、月々払いで申し込んでも契約は年単位なのです!

他のCreative Cloudもそうなのですが、年間契約してしまうと解約できる期間以外は早期解約金を払う必要があります。
1,078円だけ払って1ヶ月で終わり、はできません。

1年ごとの区切り期間以外で解約した場合、残り月数分の金額の50%という違約金を請求されます。時期によっては高額になります。

Adobeの解約手数料

アドビのサブスクリプションおよび解約条件のページには書いてあるので規約通りなのですが、ほとんどの人は先に読んでいないでしょう。まさに解約しようとしてビックリ⚠️になります。

うちの受講者様もご存じないまま契約して、仕方なく高額な解約手数料を払った方がいらっしゃいました。

フォトプラン年一括払いはおすすめしない

銀行振込かコンビニ決済をする方は年一括でしか払えません。

しかし、クレジットカード払いの方はデメリットしかないのでお勧めいたしません。
割引も無い上に、解約しても返金(払い戻し)は一切なしです。

Photoshopを1ヶ月だけ使いたい場合

Photoshop単体の月々プランなら3,828 円/月で、1ヶ月単位で解約できます。

しかし、損益分岐点は4ヶ月。それ以上使ったらフォトプランの年額を超えますのでご注意…。

Photoshopは良いですよ!

あなた様に失敗して欲しくないのでデメリットばかりをお話ししてきましたが、私は個人的にフォトプラン登場当初からPhotoshopを愛用しております。

月1,078円でどんどん進化するPhotoshopの最新版(Lightroomも)を使い続けられるのはとてもコスパ良いですからね。

私のオンライン個人レッスンでも1回からお教えできますのでお気軽にご利用くださいませ。