デジカメ女子カメラレッスン

カメラ女子のための一眼レフ、デジカメのコツと写真教室のレッスン紹介ブログです。

[レビュー]富士フイルム X-Pro1で撮影の花写真は超きれい

更新日:

パソコン&デジカメインストラクターのコンプルです。

1ヶ月ほど、FUJIFILMX-Pro1をお借りしていろいろお試しでいじくってみた感想です。

X-Pro1はレンズ交換式のミラーレスカメラで、いわゆる小型一眼と同様のつくりですが一眼という名前はついていません。

この金属を多用したボディのレトロな雰囲気がおしゃれでいいですね。意外とずっしり重いです。

一般的な一眼レフにはないシャッタースピードや露出補正の独立したダイヤルがついています。

ファインダーでも液晶のライブビューでも撮影できますが、ファインダーが独特です。
素通し画像の光学ファインダー(OVF)と、液晶の電子ビューファインダー(EVF)がスイッチ一つで切り替えられます。

しかも光学ファインダーの画像にも液晶表示の数字が乗っかってくるんですよ。
ドラゴンボールのスカウターみたいなイメージです。最初お店でいじった時、こりゃどうなってるんじゃ??と不思議に思ったものです。

どうやら液晶の画像をプリズムで反射させているようです。詳細はメーカーサイトのページへ

レンズはとりあえずの1本なら35mm

今回18mm、35mm、60mmの3本すべてのレンズをお借りしました。
短焦点レンズって、ズームできない分どれをつけていいものか悩む方も多いですが、無難に使いやすいのは35mmですね。

人間の目で見た肉眼のイメージに近い写真が撮れ、最短撮影距離が約28cmとそこそこ寄れるので料理写真などにも便利です。

記事トップの写真が35mm、下の写真は18mmを装着した状態のボディです。でっぱりも少なくて持ち歩きしやすいです。

 

しかし、私のような無精者はいちいちレンズを交換するのが面倒なので、ひととおり試したけどほぼ35mm1本で撮ってました。

ピントはパリッと、ボケはふわっと

X-Pro1は画質がいいというのも話題になっていたので楽しみにしておりました。

 

 

花びらの質感はバッチリ表現され、ピントが合っている場所以外は盛大にボケるという、独特の写真が撮れます。

中はカリッと、外はふんわり食感でおいしく仕上がります。さすがのカメラです。

静物写真や風景写真はかなりいい雰囲気できれいに撮れると思いました。

が、金魚と猫撮りでは意外にも苦労を強いられるのでした…。

次の記事、[レビュー]富士フイルム X-Pro1は金魚と猫にAFが合わない? に続きます。

↓価格を見てみる

FUJIFILM?デジタル一眼レフカメラ X-Pro1 ボディ ミラーレス 1630万画素 APS-Cサイズ フジフイルムXマウント FFX-X-PRO1

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
東京都多摩市の女性個人レッスン教室は いつでも1回からレッスンOK!
女性のためのパソコンカメラ教室コンプルサポート


当ブログの更新通知を3通りでお送りしています。

Instagram・FBページにも「フォロー」「いいね」お待ちしております。
instagram
instagram



↓記事がお役に立った、おもしろかったら何かシェアしていただけるとうれしいです

-デジカメ紹介レビュー

Copyright© デジカメ女子カメラレッスン , 2018 All Rights Reserved.