デジカメ女子カメラレッスン

カメラ女子のための一眼レフ、デジカメのコツと写真教室のレッスン紹介ブログです。

マクロ水滴撮影のカメラ個人レッスンをしました

更新日:

パソコン&デジカメインストラクターのコンプルです。

日々皆様にパソコンとカメラの個人レッスンをご利用いただいており、ありがたい限りです。

水滴の玉

先日は、遠方のカメラ女子さんが飛行機ではるばる聖蹟桜ヶ丘までお越しになりました。マクロ写真の撮り方を習いたいとのご依頼で、プライベートカメラレッスンをいたしました。

マクロレンズ

ニコンの一眼レフをご使用の受講者様、マクロレンズはお持ちでないとのことでしたので、こちらでご用意したのがこちらのレンズです。

どちらもかなりきれいなボケが出るレンズです。
レンタル料は、レンズにより別途2,500円~でご用意しております。

今回の目的は、この本のような写真を撮ることです。

ボケ/ブレ不思議写真術

こういう実験っぽいの好きですよ。

水滴写真を撮る準備

まずはポタポタ落ちる水滴を作らないといけないので、最初はスポイトを利用しました。

が、どうにも容積が小さいし、いちいち水を吸い込むのも面倒なので、何かないかな…と思ったら、使っていないソース入れがあった!

ソース入れ

これなら大量に水を落とせます。

そして、水を受け止めるお皿と、バックに使う布など。

撮影場所はなるべく明るい方がよいので、昼間の窓辺で撮るか、光量のあるライトを使います。

カメラは三脚に固定し、MF(マニュアルフォーカス)で水滴が落ちてくるところにピントを固定します。

連写が速いカメラだとなお良しです。

そして撮れたマクロ写真がこちら

受講者様が撮影されたお写真です。

水滴クラウン

水滴

だいぶ苦労されましたが、なんとか目的に近い写真を撮っていただけました!

降っている途中の水滴は、シャッタースピードが1/3000以上ではないとどうしてもブレてしまいます。

その他、こんな水滴写真も撮っていただきました。

オレンジの花と水滴

白い花と水滴

ガーベラと水滴

すばらしい!

お花の水滴は、スポイトや霧吹きで簡単に作れます。

光の当たる角度で水滴の光加減が違うのでおもしろいです。

止まっている水滴は撮りやすいので、まずはそれから練習するのがおすすめですよ。

 

ところで、わが個人カメラ教室には結構遠くの方もお越しいただいております。国内はもとより、スイスやアメリカやアルジェリア在住の日本人の方まで!ありがたいことです。

成田空港、羽田空港ともに聖蹟桜ヶ丘駅行の高速リムジンバスがありますので、多摩くんだりですが意外と飛行機のアクセスは良いのです。バス1本で、下車して教室まで徒歩3分です。

→コンプルサポート女性カメラ個人教室の詳細はこちら

東京都多摩市の女性個人レッスン教室は いつでも1回からレッスンOK!
女性のためのパソコンカメラ教室コンプルサポート


当ブログの更新通知を3通りでお送りしています。

Instagram・FBページにも「フォロー」「いいね」お待ちしております。
instagram
instagram



↓記事がお役に立った、おもしろかったら何かシェアしていただけるとうれしいです

-個人レッスン案内

Copyright© デジカメ女子カメラレッスン , 2019 All Rights Reserved.