デジカメ女子カメラレッスン

カメラ女子のための一眼レフ、デジカメのコツと写真教室のレッスン紹介ブログです。

プロカメラマン先生とカメラインストラクターの違い?

更新日:

パソコン&デジカメインストラクターのコンプルです。

最近当教室のレッスンを受講されるカメラ女子の方で(たまに男子も)、他のカメラ教室に通っていたけどよくわからなくて…とお越しになる方が増えてきました。

聞くと、

  • オートやPでは絶対撮ったらダメと言われた
  • 最初に絞りやシャッタースピードを設定するように言われたけど、意味がわからない
  • 色は鮮やかにしてはダメ、実物どおりに撮りなさいと言われた
  • 先生と全く同じ写真を撮るように言われたけど、できなくて辞めた
  • マニュアルモードで撮るように言われたけど、難しすぎてわからなかった
  • 講評で写真をけなされて自信を無くした

…などなど、「なんでそんなに強制、否定ばっかり?」と思ってしまうレッスンをお受けになっている方ばかりでした。

よくそれで挫折せずにうちの教室に来てくださった!と、たたえたくなります。

あとは、「先生は上手な生徒さんにだけ付きっきりで、初心者の私は放置された…」というかわいそうな方もいらっしゃいました。

カメラメーカー主催の、プロカメラマン先生による講座をご受講の方も多くいらっしゃいました。

必ずしも「すばらしい写真を撮るカメラマン=わかりやすいカメラインストラクター」ではないのかもしれません。

当コンプルサポートカメラ教室の方針

まず、「こうするともっといいですよ」というアドバイスはしても、「そんな写真ダメ!」なんて否定することは決して言いません。

また、いろいろなテクニックや撮り方はお教えしても、「こういう風に撮りなさい」という強制もいたしません。

カメラ女子

ある目の利く受講者様が、「某写真スクールでカメラを習っている生徒さんは、ブログの写真を見るとすぐにわかる」とおっしゃっていました。

確かに、私も気づいていましたが、皆さん先生と全く同じような構図と色使いで画一的です。
もちろん、そうなりたい方がご受講してご本人が満足されていればそれで良いと思います。

私はそれぞれの受講者様の感性と個性と好みを生かして、その人なりの写真を撮っていただきたいので、撮り方や被写体の提案はしても、強制することはありません。

集合のカメラ教室でも、全員の方とお話しできる人数までで実施してアドバイスしていますので、「自分だけ放置された」というご心配もありません。

また、当方は教えることでご飯を食べさせてもらっているプロのインストラクターですので、知識はもちろん「ご理解いただきやすい教え方」については日々研鑽しているつもりです。

操作に関してもできるだけ手間をかけずに、楽してすばやくいい写真を撮る方法を優先してお教えしています。

おかげさまで、上記の受講者様達も自信を取り戻して上達されています。

  • 厳しくダメ出しされるのが好きな方
  • 撮り方をきっちり強制されるのが好きな方
  • 先生と全く同じ写真が撮れれば満足な方
  • 自分が好きな写真よりも、課題やテーマに従って撮りたい方
  • とにかくプロカメラマンの先生に習いたい方

は、すみませんが他の写真教室でご受講ください…。

他のカメラ教室で挫折した方や、写真教室は敷居が高そうだと思っている方も、もし「コンプルサポートならうまくできるかも?」と思っていただけたら、一度当教室をお試しくださいね(^_^)

カメラ女子個人レッスン案内

 

東京都多摩市の女性個人レッスン教室は いつでも1回からレッスンOK!
女性のためのパソコンカメラ教室コンプルサポート


当ブログの更新通知を3通りでお送りしています。

Instagram・FBページにも「フォロー」「いいね」お待ちしております。
instagram
instagram



↓記事がお役に立った、おもしろかったら何かシェアしていただけるとうれしいです

-教室について語る

Copyright© デジカメ女子カメラレッスン , 2018 All Rights Reserved.