格安スマホならOCNモバイルONEが一番おススメ

何かと物入りな年末年始、スマホ代も見直してみてはいかがでしょうか。

スマホ代は月1000円台で済む

当方、スマホも詳しいのを売りにしているインストラクターですので、お客様のスマホのご相談も個人レッスンでいろいろお伺いしています。

「スマホ代が高い」とおっしゃるほとんど全員の方が

  1. 無駄なオプションを満載で付加
  2. 全く使いきれない30ギガなどの大容量パケットを契約
  3. 1台で月額1万円前後お支払い

なのです。

このような方々に「私のスマホ代、月1,800円位ですよ」と言うと「え、全部で?!うそでしょー!」と信じてもらえません(笑)

格安SIMという言葉は聞いたことがあっても、いまいち良くわからないという方も多いです。

格安SIM OCN モバイル ONE のメリット

格安SIMは山ほど会社がありすぎて、契約するのも迷います。

私が2016年から愛用している OCN モバイル ONEの格安スマホ をご紹介します。

ドコモのエリアならどこでもつながる

ドコモのジェネリック回線みたいなものなので、日本全国、人が住んでいる付近はほぼ圏内です。

圏外で通じないのは山間部などくらいで、個人的にはほぼ不便は感じません。

3日間制限がない

以前別の格安SIMを契約していてハマったのが、月のパケット契約量とは別に、3日間での使用制限量もあったことです。

これ、出張でその日だけガンガン検索や地図アプリを使うとか、テザリングしてPCでネット使いまくるとかという必要がある私にはとても困りました。

3日制限がない格安SIMを探して最終的に行きついたのが、OCN モバイル ONE だったのです。特に短期集中で使う方にお勧めしたいです。

料金も最安レベルに

2019年11月に新料金プランが設定され、従来より200円位ずつ安くなりました。

<音声対応SIMの場合>
OCN モバイル ONE料金表

普段仕事場ではWi-Fiを使うので、私は3GBを契約しています。

出張が多い月は6GBに切り替える時もあります。1か月単位で容量を替えられるので便利です。

電話が好きではない私は通話をほぼしないため、本当に上記の料金だけで済む月がほとんどです。

格安SIMのデメリット

店舗窓口サポートがない

冒頭で「携帯代が高い」と書きましたが、ドコモやau、ソフトバンクの携帯ショップ窓口の店員さんの人件費を考えたら私は妥当な金額だと思います。

「携帯ショップで2時間使い方を聞いてきた」なんて言う方もいますからね。

OCN モバイル ONEは現在、店頭窓口はありません。格安SIMは、手厚い無料サポートを期待する方には向きません。安い代わりに自力で契約、解決するのが基本です。

必要な方は、当方教室でも申し込み方法から個人レッスンしています。

売り込むわけではないですが、うちの1回の受講料なんて格安SIMを1か月使えば元取れますよ。

海外ではネットが使えない

ドコモなど大手携帯会社は海外パケットプランがあり、現地でそのまま通信ができます(場合により高額です)。

が、OCN モバイル ONEは海外でインターネットに接続できません。

私は現地に着いたらその国のSIMを買って入れ替えるのであまり困りません。

マレーシアでSIMを買った話はこちらの記事に書きました↓
参考 マレーシア旅行1 成田空港からサバ州立モスクとコタキナバル夜の街へ旅ブログ

グローバルWi-Fiを日本で借りて行ってもいいと思います↓

端末によってはスマホ買い替えが必要

基本的にはドコモのスマホかSIMフリーのスマホなら問題ないのですが、SIMのサイズが違ったり、自分で回線の設定をしないといけなかったりと、初心者の方にはちょっと難しいかもしれません。

乗り換えを機にスマホごと新しくするのもおすすめです。

OCN モバイル ONEは最新のスマホセットで契約できますよ↓

OCNモバイルONE/OCN光

iPhoneは新品から寄安の整備済み品、中古スマホも販売されています。

OCNモバイルONE

良かったらこの機にご検討ください。