スマホの写真をうまく撮るには三分割法の構図で撮影

レンズ交換などができないスマホのカメラ。

いかに撮り方のワザで写真に差をつけるかという方法とコツをご紹介します。

三分割法で撮る

三分割法構図とは、画面を縦横3つに区切って、その交点やライン上に被写体を置く撮り方のことです。

まず、ありがちな平凡失敗例はこんな感じです。撮りたいと思ったものが、常にドドンとど真ん中です。さらに、アングル(撮る角度)も、自分が今見ている角度からの上から目線です。

悪い例

三分割法を意識して、かつしゃがんでツリーと同じ高さから撮るといい感じになります。奥行き感やボケも出せます。

寄った三分割

お好みでもっと寄っても良いです。

寄った三分割

小さいツリーが前バージョンは、左下交点にツリーを置いています。

三分割法構図

ただし、何も考えずに三分割の交点に被写体を置くのは無しですよ。あくまでも全体のバランスを見て、主役をどこかの交点やライン上に、脇役や背景を空いている部分にバランス良く入れてくださいね。

三分割線を画面に表示しておく

多くのスマホには、三分割の線をカメラの撮影画面に表示する設定があります。うっすら入っている線が見えます?

s-Screenshot_2014-12-08-21-11-52

iPhone … ホーム画面の「設定」 → 「カメラ」 → 「グリッド」をオンに

Android … カメラアプリ内の設定に「グリッド」「ガイドライン」などの名前で表示設定あり

F-02Gカメラ設定

これを出しておけば三分割がわかりやすいのと、水平線・垂直線のガイドライン代わりにもなります。

上に載せた写真は、背景のタイル柄もこのラインにピシッと合わせているので、しっかり水平に撮影できています。