デジカメ女子カメラレッスン

カメラ女子のための一眼レフ、デジカメのコツと写真教室のレッスン紹介ブログです。

シグマのマクロレンズ MACRO 105mm F2.8 お試しレビュー<花&花火編>

更新日:

パソコン&デジカメインストラクターのコンプルです。


SIGMAの中望遠マクロレンズ、MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSMをお借りしたので、いろいろ撮ってみた感想です。

このレンズはインナーフォーカス式で、ピント合わせ時にレンズの長さが変わらないので使いやすいタイプです。

マクロレンズによってはピント合わせ時にレンズの前がぬぬっとせり出してくるものもあり、夢中で撮ってたらレンズが花の中に突っ込んでて花粉まみれに…なんてこともあるのです。

しかし、全長126.4mm、重量725gはかなり巨大で重いですな…。横から見ると長いです。

一眼レフと他にレンズ1本持ったら2kgの荷物になるので、ちとカメラ女子のお出かけ用にはおすすめできないですね。
家でじっくり花束などを撮影するのにはよろしいかと。

最短撮影距離は31.2cm

マクロなのに30cmも離れるの?と思われるかもしれませんが、コンデジと違って、一眼の最短撮影距離というのはレンズの先からの距離ではありません。
カメラ上面についているこの土星のようなマークからの距離です。ここがセンサーの位置です。

 

MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSMはレンズ自体の長さが約13cmですので、レンズの先からの距離は10cmくらいになります。

手振れ補正の妙な動き

ちょっと気になったのが、手振れ補正をオンにしている時の動作です。
例えばカメラをちょっと右に振ると、カメラを止めてもレンズ内の映像がわずかにスーッと右にずれるんですよ。慣性が働いているかのように。

最初三脚が緩んでいるのかと思ったのですが、手振れ補正をオフにして同様の動作をした際は全く動かなかったので、そうではないようです。

マクロの場合は1mmでもずれるとフレーミングがかなり変わってしまうので、これは使いづらかったです。

手振れ補正をオフにして、三脚使用で撮るのが良いです。

AF音がゴイゴイと

AF(オートフォーカス)はまあまあ速いです。

AF中はゴイゴイゴイ…という低く響く音がして、静かな部屋だと気になりました。
屋外ならかき消されてそれほど気にならないでしょう。

実写はこんな感じ

105mmという焦点距離は、背景周囲に余計なものが入らない、やや狭い画角です。
あまり背景を入れずに、ピンポイントでこれを撮りたい!という写真向きです。

マクロと言えば、まずはお花写真を。
直径2cmほどのお花もこんな風に撮れていい感じです。

 

接近するとピントが非常に浅くなるので、お花の正面はF7.1~8くらいに絞って撮ると花びらにしっかりピントが合って、ボケ加減も良いです。

 

うちのバジルに住み着いたバッタの質感も超リアル!
(虫好きな方だけクリックで拡大してください)

バジルとバッタ

マクロで撮ってみて意外と良かった写真は、線香花火です。
飛び散る火花のボケ感がおもしろい!

 

カメラは三脚に固定していますが、花火を持っている手はぶれるので、火の玉が偶然ハート形にぶれました?

 

あ、マクロレンズでも花火は十分離して撮りましょう。レンズが焦げますから…。

次の記事、シグマのマクロレンズ MACRO 105mm F2.8 お試しレビュー<猫撮り編>に続きます。

価格を見てみる↓
シグマ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS
HSM EO キヤノン用

シグマ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM NA ニコン用

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
東京都多摩市の女性個人レッスン教室は いつでも1回からレッスンOK!
女性のためのパソコンカメラ教室コンプルサポート


当ブログの更新通知を3通りでお送りしています。

Instagram・FBページにも「フォロー」「いいね」お待ちしております。
instagram
instagram



↓記事がお役に立った、おもしろかったら何かシェアしていただけるとうれしいです

-デジカメ紹介レビュー

Copyright© デジカメ女子カメラレッスン , 2018 All Rights Reserved.