デジカメ女子カメラレッスン

カメラ女子のための一眼レフ、デジカメのコツと写真教室のレッスン紹介ブログです。

観光地の1000円で売られている記念写真、買う?

更新日:

パソコン&デジカメインストラクターのコンプルです。

観光シーズン、あなた様はどちらかお出かけですか?

今回は観光がらみのカメラネタを。

観光地に行くと、施設の入り口などでカメラマンが待ち構えていて「お写真撮りまーす」と声をかけられた経験がおありかと思います。

女性カメラマン

これって大体どこでも2Lサイズくらいで台紙に入って1枚1000円での販売が相場ですね。先日、初めて1500円というところを見ました。

1000円は高い?

プロカメラマンが構図やカメラの設定、ストロボ・もしくは光の当て方を考えて、人も背景も美しく撮られた(場合によっては美肌画像加工も施された)写真なら1枚1000円でも高くないと思います。

使っているカメラを見ると、大体結構お高めな一眼レフで撮られていることも多いですし。

一方で、中にはあまりカメラに詳しくないバイトさんがとりあえずシャッターを押しているところもあるようです。正直、仕上がった写真を見て「こ、これで1000円も取るの?」と思ってしまったところもありました。

いずれにしても、撮られた人が見て十分満足いくレベルの写真なら割高ではないでしょう。

価格が1000円ジャストの設定が多いのはお釣りに小銭を用意する必要がないから、という説があります。

買わなかった写真はどうなるか

最近多く見かけるのが「印刷して出来上がった写真を見て、気に入ったら買ってください」というパターンです。

施設入り口で撮影されて、Wi-Fiで即プリンターに転送して印刷され、出口などに番号が振られてずらっと写真が掲示されていますよね。

これ、被写体の人が写真を買わずに立ち去った後はどうなるのでしょうか。

ズバリ「捨てられます!」

被写体人物の肖像権もありますし、他に使い道はありませんから。

あなたが写った出来立てで印刷したての写真、買わなかったら捨てられるんですよ。

インクジェット紙や印画紙は古紙としてリサイクルできない場合も多いので、可燃ごみとして焼却処分されているかと思います。

どう思いますか?

買う気がないなら最初から断ろう

私はこういう撮影場所に出くわして撮られそうになった時は「写真、大丈夫でーす」とにこやかにスルーしています。
(大丈夫、っていうどっちなんだか分からない断り文句は、こういう時に角が立たずに便利ですね)

若かりし頃は自分を入れた写真もよく撮りましたが、アラフォーのおばちゃんにもなると自分の顔写真など興味がないので、必要がない限りほとんど撮りませんし撮られません。

あと、個人的に紙にプリントされた写真は極力持たないようにしています。私、データの整理は得意ですが紙(物体)の整理はとっても苦手なのですよ。

幼少のころからの親が撮影した大量のアルバムも、数年前にすべてスキャンしてデータにして廃棄しました。

私はこれを使ってます。ページめくりで自動スキャンするので超便利。

なので、観光地写真も結局買わないのは私の中で確定しています。

紙資源のムダだし、撮影されている会社も経費のムダだし、おまけに自分の写真が捨てられるのもイヤなので、最初から撮られないようにしているわけです。

ところで、私は人物はほとんど撮らないし、カメラを教えるのが専門なので今はカメラマン仕事もしていません。しかし、あの販売システムのご商売で1日いくらくらい儲かってるのかは個人的に気になりますね…。

 

東京都多摩市の女性個人レッスン教室は いつでも1回からレッスンOK!
女性のためのパソコンカメラ教室コンプルサポート


当ブログの更新通知を3通りでお送りしています。

Instagram・FBページにも「フォロー」「いいね」お待ちしております。
instagram
instagram



↓記事がお役に立った、おもしろかったら何かシェアしていただけるとうれしいです

-日記

Copyright© デジカメ女子カメラレッスン , 2018 All Rights Reserved.