- 私のカメラレッスンのマンガ解説本が出ました 詳細はこちら -

夏の横浜・隅田川・調布・多摩の花火写真

2016年夏、暑いのも人ごみも大の苦手な私ですが、めげずに3か所の打ち上げ花火写真を撮ってまいりました。

混雑に巻き込まれないように打ち上げ会場には行かず、遠景からの撮影がメインです。

横浜スパークリングトワイライト

7月16日、ブルーインパルス飛行機写真カメラ教室@神奈川横浜の後に、夜まで待ってランドマークタワーの展望台から撮りました。

横浜ランドマークタワー

ここは腰くらいまでの高さなら三脚OKの貴重な夜景撮影スポットです。イベントのある日はかなり早く行って待たないと窓際は占領されています。

待ってる間に横浜の港を撮影。私の大好きなガントリークレーンがいっぱいいます!むふー!

横浜のガントリークレーン

暮れゆく横浜の港。

横浜みなとみらい夜景

花火上がったー!観覧車と一緒に撮ろうと思ったけど、観覧車の方が派手なのでフレーミング変更です。

横浜みなとみらい夜景と花火

縦でほどほどに夜景とセットにしました。

横浜みなとみらい花火

横浜みなとみらい夜景と花火

横浜みなとみらい夜景と花火

横浜みなとみらい夜景と花火

横浜みなとみらい夜景と花火

多重露光バージョン。

横浜みなとみらい夜景と花火

今回、ミラーレンズという変わったレンズも使ってみました。

Tokina 単焦点望遠レンズ Reflex 300mm F6.3 MF MACRO マイクロフォーサーズ用 マイクロフォーサーズ用
Tokina 単焦点望遠レンズ Reflex 300mm F6.3 MF MACRO マイクロフォーサーズ用 マイクロフォーサーズ用

こんな変な花火が撮れます。

ミラーレンズ花火

花火に猫の目も出現します。

ミラーレンズ花火

ミラーレンズ花火

ミラーレンズ花火

隅田川花火大会

こちらはスカイツリーと花火が見えるスポットから。

スカイツリーと夕暮れ

こんな感じ!

スカイツリーと花火

でもちょっとスカイツリーと花火が遠いかな。

スカイツリーと花火

間を縫い縮めてみました。

スカイツリーと花火

 

スカイツリーと花火

映画のまち調布“夏”花火

一番ご近所なので、会場に入らないけど結構近くで撮りました。

調布花火

調布はなかなかバランスよく上げてくれるので、花火が重ならずいい感じに複数玉が写せました。

調布花火

調布花火

調布花火

調布花火

調布花火

ラストの大玉打ち上げまくりを撮りたいところでしたが、最後まで見ていると満員電車で帰ることになるので脱出も早めが楽です。

2012年の調布花火大会

おまけで少々前の写真です。この年は10月20日の秋開催でした。

調布市の花火写真1

暑いのが苦手な私は、涼しい(むしろ夜は寒い)秋の花火大会が大好きです。

あえて京王線の陸橋を入れつつ、バシバシ撮ってきました。

調布市の花火写真7

調布市の花火写真6

調布市の花火写真5

調布市の花火写真4

調布市の花火写真3

調布市の花火写真2

おまけでニコニコとハートも。

ニコニコハート花火

少し離れた場所から撮ると、至近距離より撮影アングルが決めやすいので、一度三脚にセットしてしまえば全体が撮りやすいです。

涼しい時期は夏より空気が澄んでいて、遠くからでもきれいに見えるのでおすすめです。

聖蹟桜ヶ丘の花火大会

※2019年現在、聖蹟桜ヶ丘の花火大会は行われていません。

2010年8月は、「せいせき多摩川花火大会」の鑑賞会を行なってまいりました。

まだお盆休みの社会人も少ない平日なだけあって、会場は学生っぽい人が多数。

一応カメラと三脚装備は持って行きましたが、あわせてビールとチューハイも持って行きました。

なかなかいい場所が取れたので、ぼちぼち撮りつつ飲みつつ目の前の花火を堪能♪

ラストまで見たかったけど、昨年の終わってからの混雑っぷりを考えるとどっと疲れるので、5分前には退散して無事帰りつきました。

聖蹟桜ヶ丘花火

聖蹟桜ヶ丘花火

聖蹟桜ヶ丘花火

ご参考にこちらの記事もどうぞ → 花火をきれいに撮るには?