デジカメ女子カメラレッスン

カメラ女子のための一眼レフ、デジカメのコツと写真教室のレッスン紹介ブログです。

レンズの収差について

更新日:

パソコン&デジカメインストラクターのコンプルです。

「しゅうさ」ってお聞きになったことはありますか?

収差とは、簡単に言うと、カメラのレンズのゆがみとかにじみとか、あんまりいい感じに写真が撮れない現象のことです。

レンズを通ると光が屈折するため、様々な収差が起こります。

試しにお手持ちのグラスの中から外ををのぞいてみましょう。ぐにゃんぐにゃんのよれよれですよね。

いかにこの収差が起こらないレンズを作るかと、技術者が日々苦心して設計しているわけです。

さて、収差はどんな具合に写真に現れるのか?の実験です。

先日タムロンさんよりお借りしたレンズ、18-270mm VC PZD(Model B008)を使って撮影してみました。

協力は、Wordで作った表を印刷したA4用紙さん。

返却間際に急いで撮ったため、撮影角度やサイズがアバウトなので、参考程度にご覧ください。

まず、こちらがもっとも広角の28mm

デジカメ女子カメラレッスン♪

中央がボヨーンとふくらんでいるのがお分かりかと思います。これはたる型歪曲収差です。

これだと水平線や地平線がへっこんでしまいますね。

広角で起こりやすい収差です。ちょっと残念。

続いて100mm

デジカメ女子カメラレッスン♪

ややまっすぐな線に近くなりましたが…。

最後に、最もズームの270mm

デジカメ女子カメラレッスン♪

今度は逆に、中央に向かってくぼんでいます。これは糸巻型歪曲収差です。

このくらいならたぶん気にならないレベルだと思います。

ほかにもいろいろな収差がありますが、パッと見てわかりやすいものを紹介しました。

個人的にModel B008の収差は、広角28mmのタル型は実際の風景写真でもちょっと気になりましたが、それより望遠側では特に気になりませんでした。

1月にこのレンズをお試しに行った日の記事はこちら↓
・超高倍率ズームレンズ「18-270mm VC PZD(Model B008)」お試し レンズ編
・超高倍率ズームレンズ「18-270mm VC PZD(Model B008)」お試し 実写編

前回の記事↓
・超高倍率ズームレンズ18-270mm VC PZDレンタル終了

価格を見てみる

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

東京都多摩市の女性個人レッスン教室は いつでも1回からレッスンOK!
女性のためのパソコンカメラ教室コンプルサポート


当ブログの更新通知を3通りでお送りしています。

Instagram・FBページにも「フォロー」「いいね」お待ちしております。
instagram
instagram



↓記事がお役に立った、おもしろかったら何かシェアしていただけるとうれしいです

-やさしいカメラ知識

Copyright© デジカメ女子カメラレッスン , 2018 All Rights Reserved.