デジカメ女子カメラレッスン

カメラ女子のための一眼レフ、デジカメのコツと写真教室のレッスン紹介ブログです。

「拾い画」と言って他人の写真を転載するのは著作権法違反ですよ

更新日:

パソコン&デジカメインストラクターのコンプルです。

最近ネットで見かけて気になっているのが「拾い画」という変な言葉です。

ネット上で保存した画像を転載するという意味で使われているようです。

「拾い画ですみません~」などと言いながら、自分のブログやTwitterに無断で他人の著作物である写真やイラストを掲載されている方が結構います。

どこから発生した言葉なのかわかりませんが、これは立派な「無断転載」でやってはいけないことです。

罪の意識なく気軽にやっている方も多いと思います。

妙なパクリネット文化が蔓延してしまって困ったものです。

拾い画

拾い画は万引きと同じ

たとえて言うと、「ちょっと立ち寄ったコンビニでおにぎり拾ってきました、皆さんもどうぞ~」というのと同じようなことなのですよ。

コンビニのおにぎりをお金を払わずに無断で持って行くのは、「拾った」のではなく「万引き」で泥棒です。

そう言うと「おにぎりと違って、ネットに載ってる画像なんて原価かかってないでしょ」と言う方がいますが、大きな間違いです。

旅の写真は、カメラマンがカメラや機材を買い、交通費と時間と宿泊費と多大な時間と労力を使って撮ってきた1枚です。

イラストは、イラストレーターさんが画材や機材を買い、絵の勉強の授業料を払ってスキルを磨き、多大な時間と労力をかけて描き上げた1枚です。

どちらも自動的にできあがった画像ではありません。

それ以前に、プロアマ問わず画像を無断転載すると著作権侵害になります。

あくまでも「無断」が問題なので、著作権フリーだったり、転載OKだったりする画像はその限りではありません。

こちらの記事もどうぞ
ネット上の画像を保存して無断で公開すると著作権法に引っかかります

拾い画無断転載をやっていた方は、今日から画像泥棒はおやめくださいね。

 

東京都多摩市の女性個人レッスン教室は いつでも1回からレッスンOK!
女性のためのパソコンカメラ教室コンプルサポート


当ブログの更新通知を3通りでお送りしています。

Instagram・FBページにも「フォロー」「いいね」お待ちしております。
instagram
instagram



↓記事がお役に立った、おもしろかったら何かシェアしていただけるとうれしいです

-やさしいカメラ知識

Copyright© デジカメ女子カメラレッスン , 2018 All Rights Reserved.