[募集]4月30日 初心者限定 羽田空港飛行機カメラ教室

露光間ズームでぼわっとロウソク写真

先日 ロウソク写真(火災防止仕様)の記事を書きましたら、不憫に思っていただいたのか近所のお客様から立派なロウソクをいただきました。

こちらはその中の小さいバージョンです。

ロウソク写真

普通に撮るとこんな感じですが、ちょいと小技を使うと、ぼわっと何やら熱波の出るロウソクに!

ロウソク写真

さらにぼわわわっと!

ロウソク写真

決して私が何か怪しげなことをやらかしてボーボー燃やしてるわけではありません。

これは主に一眼とごく一部のコンデジにしかできない撮り方なのですが、ズームレンズを使った露光間ズームという撮り方の技です。

シャッタースピードをちょっと長めにして、シャッターを切ったら、閉じるまでの間にズームリングをぐりっと回して焦点距離を変えるのです。

シャッタースピードの決まりはありませんが、1~2秒が無難でしょう。

三脚を使った方がぶれずに撮りやすいです。

この写真は広角から望遠側に回しています。その方が撮りやすいと思いますが、逆でもOK。

露光間ズームは、夜景や花火などを変わった感じに撮りたい時でも使える技です。

火の元にお気をつけてお試しください☆

6 COMMENTS

SHU

説明読むまではどうやって撮られたのかな?と思ってました。
多重露光か、まさかレタッチで・・・?て・・・

ありがとう

マジックみたいです~~♪
ろうそくには、種も仕掛けもないんですよね!

モノト

そうゆう技があるんですね(◎o◎)☆
キレイ☆(´∀`)
ペタありがとう♪

デジカメインストラクターのコンプル

>SHUさん
ありがとうございます、暗闇で遊んでみました!

デジカメインストラクターのコンプル

>ありがとうさん
ろうそくには種も仕掛けも…火種だけです(^O^)

デジカメインストラクターのコンプル

>モノトさん
停電時の気晴らしにちょいと遊んでみました☆

現在コメントは受け付けておりません。